中秋の名月を賞でる

金色筆ペンで満月としたため、

インクが乾くのを待って

いつもの筆ペンで重ね書き。

 

背景は簡単パステルです。

ペン型消しゴムと練り消しゴムを使って

山の稜線と月を

浮かび上がらせる技法で

仕上げています。

 

作品が出来上がったあとは

皆さんでお茶。

ノリさんがまたまた、ステキなお菓子を

買ってきてくださいました。

ごちそうさまでした。

関連記事

コメントは利用できません。

筆文字の楽しさ

2018.2.10

【毎日 想伝書ART】2/6~2/10

『デザインが少し変わってきたね』 そう言われることが増えてきた 実は1月の下旬 20年ぶりにあったAJさんの何気ない一言が き…

筆文字で感動を

最近のコメント

    おすすめ記事

    • 2017.6.20

      祝儀袋を手作りしています

      和紙を使ってつくります。 熨斗も台紙も 水引もぜーんぶ つくります。 …

    • 2015.9.14

      ご依頼の品

      ジェダイ岸子さんこと村田 様よりのご依頼で、 セッションの時の  《置き看…

    • 2017.8.10

      夏のご挨拶

      このところ、絵をよく描いています。 子どもの頃、あんなに苦手(・‥と勝手に…

    ページ上部へ戻る